【体験談】女の子の産み分けに自己流で挑戦し成功♡1%でも確率を上げるために実践したこと

  • URLをコピーしました!
KUROMI

こんにちわ!
2歳の男の子を育児中、現在第2子を妊娠中のKUROMIです。

実は1人目の子供を考えてた時から「絶対女の子が欲しい♡」と思っていました。

年甲斐もなくピンクが大好きなので、「ピンクの可愛い洋服着せたい!」やら「リンクコーデしたい!」やら「お団子頭にしたい!」やら願望だけが1人歩き 笑。

そしてなにより自分が2人姉妹で育ったので、男の子の育児を想像できなかった部分もあったと思います。
旦那氏は逆に男兄弟の中で育ったためか女の子が良かったみたいです。

が!
実際に生まれたのは男の子!

いざ生まれてみると男の子も可愛いもんで、やんちゃ盛りの悪ガキ小僧でこっちの体力が持たないときもありますがそれなりに楽しんで育児しています。

そして「兄弟を作ってあげたい」と2人目を考えた時に、上が男の子なので女の子がいいな~という願望が夫婦そろって1人目の時よりも強くなり、いろいろと実践してみることにしました。

KUROMI

1人目の時も実践してたんですけどね…笑。
なんなら1人目の時の方が2人目の時よりがっつり産み分けチャレンジしてた気が…( ;˙꒳˙;)

そして現在2人目妊娠中。
中期スクリーニング&後期スクリーニングで女の子確定しました♡

そんな自分たち夫婦の実践談やその時に調べた情報などをまとめたいと思います。

産み分けは100%ではないので今回たまたまなのかもしれませんが、女の子の産み分けにチャレンジしようとしている方の参考に少しでもなれれば…!

INDEX

女の子の産み分けの基本とは?

まず性別は、卵子に受精する精子の種類で決まります。
精子はX染色体かY染色体という細胞を持っていて、卵子はX染色体のみを持っています。

  • 男の子:XY染色体
  • 女の子:XX染色体

要するに、女の子の産み分けに必要なのは『Y精子』よりも『X精子』をいかに多く卵子に届けられるかが重要なポイントになるってことですよね。

『X精子』の特徴

酸性に強くアルカリ性に弱い
寿命が2~3日と長い
Y染色体よりも数が少ない
動きが遅い

この特徴を頭に入れつつ、実践に活かして行きましょう!

女の子の産み分け方法♡

女の子の産み分け方法として、ネットで得た情報で代表的なものをまとめてみると…

  • 排卵日の2〜3日前にタイミングをとる。
    (排卵日に近づくと膣内がアルカリ性になるため)
  • タイミングの日までに精子を薄める。
  • あっさりSEX&浅めの挿入を心がける。
  • ピンクゼリー(潤滑ゼリー)の使用。
  • タイミングをとったあとは避妊する。

このあたりが女の子の産み分けに必要なんだと解釈しました!

①排卵日の2〜3日前にタイミングをとる

排卵日になると腟内がアルカリ性になる特徴があるため、酸性に強いX精子を多く残すためには排卵日の2〜3日前にタイミングをとる(性交を行う)のがベスト!

X精子は寿命が長いのも特徴なので、排卵日前に性行為をしておけばアルカリ性に強いY精子が死んでいき、排卵当日にX精子の方がより多く残っている可能性が高くなるってワケです。

しかし!
そのぶん、排卵日の2〜3日前を目指す女の子の産み分けは、排卵日を狙う男の子の産み分けよりも妊娠率がグッと下がってしまいます。

KUROMI

焦らず長期戦になることも視野に入れながら挑んだ方が良さそう。

そしてまずは正確な排卵日を知ることが重要!
自分の場合、今まで使っていたものから『排卵の2日前』が正確にわかるという排卵検査薬に変更しました。

DOCTORE’S CHOICE 妊娠お助け隊

実際に使用した感想などは下に詳しく書いていきます。

②タイミングの日までに精子を薄める

精子の中で女の子になるX精子の数は、男の子になるY精子の約1/2ほど。
精子の数が多くなれば多くなるほど、その数の差は開いていきます。

なので、精液の中にいる精子の数を少なくするためタイミングの日を決めたら、その日までに最低2~3回は性交、もしくは旦那さんに処理しておいてもらいましょう。

精子を薄めるためのSEX時は必ずコンドームをつけて避妊を。
稀に長生きするY精子がいることもあるそうなので、念には念を。

それからY精子は熱に弱い性質もあるので、睾丸をあたためることでY精子の数を減らすことができるといわれています。
なので旦那さんにはブリーフやボクサーなどぴったりとした下着を履いてもらったり、熱いお風呂に入ってもらうのも効果的かもしれません。

旦那氏

俺の場合はもともと普段からボクサーを履いているし、常に熱いお風呂に入ってます。

③あっさりSEX&浅めの挿入を心がける

腟内の酸性度をできるだけ高くキープしたまま、精子が子宮に到達するまでの時間を稼ぐのがポイント。
女性が気持ち良くなりオーガズムを感じると膣内がアルカリ性になってしまうので、女の子の産み分けには不利な状況になってしまいます(´・ω・`)

なので、感じる前にあっさり終わらせるのが条件になってきます。

そして浅めの挿入で膣入り口付近で射精することで、精子が子宮までの長い距離を泳いでいくのに、酸性の中にいて弱ったY精子の動きを鈍くして寿命が長いX精子がより多く子宮に届くようにするためです。

④ピンクゼリーの使用

『ピンクゼリー』は膣内を酸性に傾かせることができる潤滑ゼリー。
現在女の子用の産み分けゼリーは4社から発売されています。

【正規品】Junbie ジュンビー ピンクゼリー 10本入り

特にこのジュンビーのピンクゼリーは他の3社のピンクゼリーに比べ、Ph値が低く酸性度が1番高いのでオススメです♡

ネットで調べてみると、ピンクゼリーの代用として薄めた食酢やライムやクエン酸で洗浄したり、膣内洗浄の『インクリア』を使ったという方もいました。

⑤タイミングをとったあとは避妊する

これは排卵日2~3日前を狙って射精した精子に新たに射精されたY精子が受精することを防ぐために必要なことです。
避妊せず性交をしてしまうと、Y精子が受精し男の子になってしまったり、予定外の妊娠をしてしまう可能性があります。

女の子の産み分けに必要なX精子を受精させたいのであれば、性交をする場合もコンドームなどを使ってしっかり避妊することが大切!

成功した時に実践したことはコレ!

日本では唯一認められている人工授精による産み分け方法で男性の精液をパーコール液に入れ、遠心分離させて重い精子(X精子)のみ取り出す『パーコール法』というのがあるそうで、費用は掛かるもののタイミング法や産み分けゼリーなどより成功率が高いと言われているそうです。

ですが我が家はお金もないので、なるべく費用をかけず自己流で挑む方法を選択しました。

今回女の子を妊娠できた周期に実際にやってみたことをまとめて紹介したいと思います。

※あくまでも自己流でやってみたことなので、実践する場合は自己判断でお願いします(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾

排卵検査薬のW使いで正確に!

まず下の記事でも書きましたが、自分は基礎体温を測っていなかったため、排卵検査薬が重要でした。

女の子の産み分けをするために、排卵検査薬を『ドクターチョイスワンステップ排卵検査薬クリア』『クリアブルーイージーデジタル排卵検査薬』のセットに変えました。

女の子の産み分けには重要なポイントの『排卵の2日前』が正確にわかるというこの排卵検査薬。

自分の場合は、最初ケチってドクターチョイスワンステップ排卵検査薬クリアのみ使っていたんですが妊娠にすら至らずクリアブルーイージーデジタル排卵検査薬も併用して使ってみたところ成功しました。

DOCTORE’S CHOICE 妊娠お助け隊

サイトではこのようにタイミングをとるといい表示を教えてくれています。

陽性具合や表示、あとは排卵する時間などは人によって違ったりすると思うので「必ずここで!」とは言えないですが、今回自分の場合はワンステップ排卵検査薬が陽性、クリアブルーデジタルが○のみの陰性の時にタイミングをとりました。
(上の画像で例えると6月5日の日にあたります。)

日付ワンステップクリアブルー
7/6陽性
7/7陽性
7/8陽性
7/9陽性

当時の排卵検査薬の反応はこのような状況です。
7/6の夜にタイミングをとった結果、今回の妊娠となりました。

KUROMI

ちなみに旦那氏の仕事の繁忙期と重なった周期だったため、この日1度しかタイミングをとってません😢

なので、ちょっと記憶が曖昧ですが、薄め作業もしていたか微妙です…笑。
していたとしたら7/4ごろに1回だと思います。

お互い熱めのお風呂に入った!

これは女の子の産み分けに関係なく、普段からお互い熱めのお風呂に入るのが日課になってます。

なので、熱に弱いY精子が少しでも減少してくれてたのかな?と勝手に思ってます。

他にも旦那さんはアルカリ性の食べ物(野菜、果物)、奥さんは酸性の食べ物(主食類、肉・魚)を摂るようにするといいという説?ジンクス?もあるそうですが、今回はスルー。

あっさりSEX&浅め挿入+α♡

そもそも自分があまりこの行為が好きではないっていうのと(しかも夏はなおさら!)、旦那氏も繁忙期の連勤で疲れてたってのもあり、必然的にあっさりめにトライ♡

一応気持ちよくならないように、息子が起きてこないかとか違うことを考えてそっちに気を紛らわせてました 笑。

そしてなるべく浅めの位置で出してもらいました。

KUROMI

でも浅めで射精するとほとんど垂れちゃって中までちゃんと入ってるのか気になりますよね💧

なので終わったあと、うちはいつも放置プレイなのをいいことに、ちゃんと子宮に届くように仰向けに寝っ転がったまま足を閉じて20〜30分くらい足上げ

旦那氏

それ意味あるの?

効果があるのかはわかりませんが、「やらないよりかはやったほうがいいかな〜」程度の気持ちで。

ピンクゼリーは使わなかった!

ピンクゼリーは以前から用意してあったのですが、旦那氏が「挿入の前に入れる手間が萎える」とのことで今回は断念。

その代わりと言ってはなんですが、インクリアが1本残ってたので行為の20分くらい前にトイレでバレないように注入 笑。
一応少しでも酸性度をキープしておく目的で。

調べた情報によると、このインクリアはジュンビーのピンクゼリーと同じPh値(Ph4.5)の弱酸性なんだそうです。

ちなみに1人目の時はハローベビーガールプレミアムを使っていたんですが、まさか中性だったとは…!😨

最後は願掛け!

ちょうどタイミングをとった時間が七夕前日〜七夕に変わった時だったので、ダメ元で「女の子お願いします♡」と夫婦で冗談まじりに話しながらお願いしました(*˘︶˘人)

結果的に願い事が叶った形です。

あとからやってみた産み分けカレンダー

ネットでは有名な産み分けカレンダー。
中国式とブラジル式があるみたいですが、成功確率は90%(中国式)と言われているそうで気になったので、性別が分かってから当たってるのか調べてみました。

産み分けカレンダー全自動計算ツール

1人目と2人目を中国式・ブラジル式、数え年・満年齢と4つの選択肢で占ってみました!
結果はというと…?

1人目
中国(数え年):女 ➝ 
中国(満年齢):女 ➝ 
ブラジル(数え年):男 ➝ 
ブラジル(満年齢):女 ➝ 

2人目
中国(数え年):男 ➝ 
中国(満年齢):女 ➝ 
ブラジル(数え年):女 ➝ 
ブラジル(満年齢):男 ➝ 

うちの場合はブラジル式の数え年で占った場合が100%当たってる結果になりました✨

ちなみに1人目の時はこの占いを信じすぎて「ってことは女の子?!」と期待しすぎてたためちょっとショックが大きかったので参考程度にしておいた方がいいと思います😂

やれることだけでもやってみる!

最初にも書きましたが、産み分けは女の子も男の子も100%ではありません!

そして妊娠・出産は奇跡的なこと。
「女の子じゃなかったから育てたくない!」なんてことはできません。

産み分けを実践するときは希望の性別じゃなくても受け入れる気持ちの準備ができてから挑みましょう( ˙꒳​˙ᐢ )

我が家は年齢や経済的なこともあり子供は2人と決めています。
今回ありがたいことに念願の女の子を妊娠することができましたが、仮に男の子だったとしても愛情いっぱい育てる気持ちは変わりません。

希望の性別があるなら、やらずに後悔するよりはやれることはチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事が、少しでもどなたかの産み分けにお役立ちになりますように…(*´˘`*)♡

KUROMI

最後まで読んでくださりありがとうございました♡

  • URLをコピーしました!

COMMENT

コメントする

INDEX
閉じる